衝突被害軽減ブレーキ

最近の車には、アクティブセーフティとして、衝突被害軽減ブレーキを採用する車種が増えてきました。このシステムは、車両衝突による被害を軽減する為のもので、衝突回避や自動停止ブレーキと思い込まないことがポイントです。基本的には、車両前方をカメラやレーダーで監視を行い、先ず、障害物や人を検知するとドライバーへ警告を行います。多くは、アラームとメーターパネルの警告等の点灯です。それでもブレーキの操作が行われない場合には、さらに強めの警告を行います。それでもブレーキ動作が行われないときには、車両側が自動的にブレーキを作動させます。その障害物の距離、車の走行速度等から演算された結果にて、衝突を回避できるように車は処置を行いますが、あくまでも、被害軽減、衝突回避のためのシステムだという事の理解が技津用です。自動ブレーキの最中に、ドライバーがブレーキを踏んだり、アクセルを操作した場合には、回避システムはキャンセルされてしまいます。また、各メーカー、車種のシステムには相違があり、システムが作動する速度が違っているので、事前によく確認する事が必要です。そして、自動運転車ではなく、自分が車を操っているという事を忘れてはいけません。

コメントは受け付けていません。