ESC

ABSと並ぶ代表的なアクティブセーフティの装備で画期的なブレーキがESCです。一般的に横滑り防止装置と呼ばれ、急ブレーキ野球加速のときに出る異常なハンドリングである、アンダーステアやオーバーステアを補正して、普通に思った方へ自然に曲がる事の出来るように補正する、画期的なブレーキで、安全補助装備です。アンダーステアが出ているときには曲がっていく内側の後輪のブレーキをコントロールして、アンダーステアを打ち消し、オーバーステアが現れているときには、外側の前輪のブレーキをかけてオーバーステアを打ち消します。紅葉と川つまり状況に応じて4輪のタイヤのブレーキを独立してコントロールする事によって進路を確保できる画期的な装置で、どんなに達人のドライバーが乗っていても通常の自動車は左右別にブレーキをコントロールする事は出来ないので出来ないようなコントロールを自動車が自動で行ってくれるわけです。しかし日本では普及状況が低く、知名度も低いままです。2012年以降にフルモデルチェンジした乗用車には標準装備が義務付けられましたが、軽自動車には装着義務がなく、その為もあって他国に比べて普及していません。貨物車も今後は装着を義務付ける事が決まっています。

コメントは受け付けていません。