Author Archive

SRSエアバック

車には様々なパッシブセーフティ、すなわち万一事故が起きた場合、人体への衝撃を最小限に抑える技術が施されています。その中でもSRSエアバックは、ほぼすべての車に標準で装備されています。SRSというのは、「Supplemental Restraint System」の略ですが、日本語では補助拘束装置となります。この言葉からもわかるように、エアバックはシートベルトをしていることを前提に、それを補助する形で安全を守ります。

エアバッグが車に採用されるようになったのは1970年代のことで、アメリカのフォードやGMなどが世界に先駆けて採用していきました。日本国内では1987年にホンダレジェンドが運転席のエアバッグを搭載したのが最初で、1990年代にはいると、普及がいっきに加速していきました。

最初は運転席側のみでしたが、やがて助手席のエアバッグも標準装備されるようになり、現在はサイドエアバッグやカーテンエアバッグ、ニーエアバッグなど、エアバッグの種類も増えています。また、エアバッグだけでなく、ボディそのものも衝撃を吸収する構造にしたり、カメラで危険を探知し、自動でブレーキをかけるシステムが開発されるなど、車の安全性に対する技術開発は年々進化しています。

シートベルト

車は便利で、かつ非常に快適な乗り物として私たちがよく利用している乗り物となります。速度を出して走ることで、目的地までの時間をあまりかけることなく到着できるというメリットの他に、同じ時間でも徒歩とは比べものにならない程遠くまで移動できるというようなメリットも併せ持っているのです。日常生活の中でも欠かせない道具となっています。
しかしながら問題点も同時に含んでいるということが考えられます。それは交通事故に関する問題です。速い速度で移動している最中に、万が一何かにぶつかってしまいますと、その当たったものを破壊したりします。相手側の強度が高ければ、自車が破損してしまうことにもなりかねません。そのような時にはその車に乗車している方達が怪我をされる恐れが十分にあるのです。ですから車の利用方法は常にドライバーを中心として、気をつけておかなければなりません。
私たちが交通事故の被害から身を守る方法として考えられていることが、シートベルトの着用となります。これは基本中の基本となることなのですが、実際には非着用の乗員もいることから、追突の衝撃によって身体が車外放出されてしまい、他の車に引かれて死亡するケースさえあるのです。乗員は絶対にこのようなことがないように気をつけなければならないのです。

衝撃吸収構造

昨今の自動車のボディには衝撃吸収構造が採用されています(日本車のみならず外国車にも)。この構造の主旨を簡単にまとめれば、外側のボディ、特に前側と後側(エンジンルームやトランク)はつぶれやすくし衝撃を吸収、分散させ、室内は強固で変形しにくくするということです。これはボディを適度に柔構造にして補強も抑えるという設計法です。至極単純に考えれば、ボディの鉄板は砲の弾丸にも耐えられる程分厚く強固で、補強も万全である方が安全であるかのように感じられます。しかしながらこの構造では衝突の際、車は軽傷でも、中の乗員は衝撃を直接受けることになります。桜取り分け高速時の車同士の衝突の場合、中の乗員に加わる衝撃は何十Gということですから、生身の人間がその衝撃に耐えられるわけがありません。
衝撃吸収ボディで懸念されるのは、エンジン等の重量物の車内への侵入です。この点においてもエンジンルームに空間を設けクラッシャブルゾーンを確保すると共に、サイドメンバー等のレイアウトを工夫し衝撃を複数方向に分散させる様にしています。また衝突時にエンジンやサスペンションを下方向に離脱させる方式を採っている車種もあります。
昨今、衝撃吸収ボディは前面のみならず後面、側面にも採用されています。また車種によっては、水平移動式衝撃吸収ステアリングシステムや頚部衝撃緩和フロンシートを採用することで乗員の被害を最小限にする工夫が施されています。

パッシブセーフティ分野とは

車においてセーフティの分野は、一部車メーカーが社是の基幹に掲げるほど重要な分野です。車におけるセーフティ機構の開発は、車製造の黎明期から行われていましたが、時代は下り車の性能が高められるほど比例してセーフティ分野の開発も高度化するのは自然の摂理と言えます。
車におけるセーフティの分野にはアクティブセーフティ、パッシブセーフティの2つがあります。昨今世界で市販される乗用車には例外なくその両方もしくは一方が何らかの形で備えられています。前者は、読んで字の如く能動的安全と解釈され、事故や危険を予想しそれを未然に防ぐ安全思想のことです。車のハード面から挙げるならば、ABS(アンチロックブレーキシステム)、トラクションコントロールシステム、横滑り防止機構(ESC)、プリクラッシュセーフティシステム(車間距離調整機構など)があります。対して前者は、読んで字の如く受動的安全と解釈され、事故が起きてしまった際、人的被害を可能な限り最小限に抑えるセーフティ機構のことです。代表的なものに、エアバッグ、衝突安全ボディ、クラッシャブルゾーンの確保などが挙げられます。
シートベルトやシートに関しては、適切なドライビングポジションに寄与するという役目もあり、アクティブ、パッシブ両面を担っていると言えるでしょう。

ACC(全車速域低速走行・車間距離制御装置)

ACCとは、2003年に日産が開発し、2004年にトヨタが低速域での追従制御機能を追加させた次期型アダプティブ・クルーズコントロールと呼ばれる機能を指します。
一般的に、自動車の安全対策は二種類に分けられます。ひとつは、パッシブセーフティ(受動安全)と呼び、衝突などが起こった際に歩行者や乗員の安全を考慮した機能や装備のことを言います。もうひとつは、アクティブセーフティ(能動安全)と呼び、衝突などの事故を未然に防ぐための機能や装備のことを言い、アダプティブクルーズコントロールはこちらに属する機能となります。
アダプティブクルーズコントロールは、前を走っていた車との車間距離が短くなったことを感知し、車間距離を抑える機能を持っています。また、レーダーセンサーにより信号などをチェックし、前の車との車間距離以外にも、横の車線との位置、相対的速度などを計算し、判断します。また、速度の遅い車や割り込んできた車にも反応し、速度を制限したり制動を促してくれます。30パーセントを超える減速を求めたときは、警告灯と警報がなる場合もあります。
そういった機能を持った一方で、ガードレールや渋滞中の車など、静止物に対しては感知しないものが多いです。

衝突被害軽減ブレーキ

最近の車には、アクティブセーフティとして、衝突被害軽減ブレーキを採用する車種が増えてきました。このシステムは、車両衝突による被害を軽減する為のもので、衝突回避や自動停止ブレーキと思い込まないことがポイントです。基本的には、車両前方をカメラやレーダーで監視を行い、先ず、障害物や人を検知するとドライバーへ警告を行います。多くは、アラームとメーターパネルの警告等の点灯です。それでもブレーキの操作が行われない場合には、さらに強めの警告を行います。それでもブレーキ動作が行われないときには、車両側が自動的にブレーキを作動させます。その障害物の距離、車の走行速度等から演算された結果にて、衝突を回避できるように車は処置を行いますが、あくまでも、被害軽減、衝突回避のためのシステムだという事の理解が技津用です。自動ブレーキの最中に、ドライバーがブレーキを踏んだり、アクセルを操作した場合には、回避システムはキャンセルされてしまいます。また、各メーカー、車種のシステムには相違があり、システムが作動する速度が違っているので、事前によく確認する事が必要です。そして、自動運転車ではなく、自分が車を操っているという事を忘れてはいけません。

ESC

ABSと並ぶ代表的なアクティブセーフティの装備で画期的なブレーキがESCです。一般的に横滑り防止装置と呼ばれ、急ブレーキ野球加速のときに出る異常なハンドリングである、アンダーステアやオーバーステアを補正して、普通に思った方へ自然に曲がる事の出来るように補正する、画期的なブレーキで、安全補助装備です。アンダーステアが出ているときには曲がっていく内側の後輪のブレーキをコントロールして、アンダーステアを打ち消し、オーバーステアが現れているときには、外側の前輪のブレーキをかけてオーバーステアを打ち消します。紅葉と川つまり状況に応じて4輪のタイヤのブレーキを独立してコントロールする事によって進路を確保できる画期的な装置で、どんなに達人のドライバーが乗っていても通常の自動車は左右別にブレーキをコントロールする事は出来ないので出来ないようなコントロールを自動車が自動で行ってくれるわけです。しかし日本では普及状況が低く、知名度も低いままです。2012年以降にフルモデルチェンジした乗用車には標準装備が義務付けられましたが、軽自動車には装着義務がなく、その為もあって他国に比べて普及していません。貨物車も今後は装着を義務付ける事が決まっています。

ABS

今日人々の生活には自動車は欠かせない存在となりました。
自動車は人々の暮らしを便利にするものですが、しかし、事故を起こしてしまいますと自動車にはもちろん私たちにも大きなダメージを与えるものとなってしまいます。
それで注目されているのはアクティブセーフティという分野です。
このアクティブセーフティとは事故を未然に防いで事故に遭遇しないようにすること、つまり予防安全のことです。
アクティブセーフティの中でも代表的なものがABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)です。
これは緊急時にブレーキでタイヤがロックしてしまうことを防止する装置で、そのことにより、車の方向性を確保でき、障害物を交わすハンドリング性能が高くなり、事故を未然に防ぐ効果があります。
ブレーキ時に、この機能を作動させるためには、できるだけ強くブレーキペダルを踏み続けることが必要です。
そしてこの機能が作動すると、ブレーキペダルが細かく振動したり「グググ」という音が出ることがありますが、そのまま強く踏み続けると作動し続けます。そうするなら最適なブレーキ力が得られ、車両の進行方向の安定性を保つことができます。
このように車の安全装備にも注目し正しい知識を得るなら快適なカーライフを送ることができます。

アクティブセーフティ分野とは

今や自動車はビジネスにも生活にも大変便利なツールとなり私たちの生活には欠かすことができないものになっています。しかしながら仮に事故に合うなら大きな損害をもたらすことになります。場合によっては生命の危機に直面することさえあります。
ですから自動車の使用に関しては特に安全面に注意を払う必要があります。
その点でアクティブセーフティ分野が注目されています。
これは事故を未然に防ぐようにして事故に遭遇しないようにする装置つまり予防安全のことです。
その中でも代表的なものとしてABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)があります。
ABSは、緊急時にブレーキでタイヤがロックしてしまうの防ぐことができます。そのことによって車の方向性を確保するハンドリング性能を高めて障害物を回避することができます。
最近では限界走行における自動安定装置としてESP(電子制御スタビリティ・プログラム)というものがあります。これは四輪のブレーキを個々に自動的に使用することで方向性や安定性をコンピュータで自動的に制御しようとするものです。
こうした事故を未然に防ぐ装置について熟知しその使用の仕方についても体得しているなら安全なカーライフを送ることができます。