クルマの安全装備にはどんなものがある?

クルマの安全装備は大きくアクティブセーフティとパッシブセーフティに分けられます。アクティブセーフティとは、事故や危険を予想しそれらを未然に防ぐもので能動的安全と訳されます。パッシブセーフティは、不可避的であれ過失であれ事故が起きてしまった場合に、乗員への被害を最小限にするもので受動的安全と訳されます。クルマの安全においてはこの2つが両輪であり、どちらかがなければ片手落ちになってしまいます。かつてはどちらというとパッシブセーフティの進化が先行していた感がありましたが、近年になってアクティブセーフティの進化が著しい伸びを見せています。こと最先端のハイテクを駆使しているという意味ではアクティブセーフティの方はるかに先行しているでしょう。
紅葉03
パッシブセーフティとしては、エアバッグ、衝突安全ボディもしくは衝撃吸収ボディなどがあります。これらの開発においては、公安機関の要請もあり、各メーカーによる実験は日進月歩で進められており実質性に関しては大きい説得力があります。アクティブセーフティとしては、ABS、トラクションコントロールシステム、横滑り防止システム、自動減速システム、車間距離調整システムなどがあります。これらをすべて備えた車種は、走る、止まる、曲がるといったクルマの状況においてほぼ磐石のセーフティを有したことになります。
シートベルトに関しては、単純に見ればパッシブセーフティの分野に入る様に見えますが、ドライバーの操縦安定性を確保する役割も担うため、パッシブ、アクティブ両方の分野に入ると言っていいでしょう。同じ様に、安全に配慮されたシートもパッシブ、アクティブ両分野を担っています。

 

 

 
カーセブン 評判